爪水虫は治る!爪白癬を自力で完治させるには

爪水虫(爪白癬)は治せます!爪が分厚くなったり、白く濁ったりする爪水虫。一度なってしまうと大変な思いをします。根気がいりますが、正しい治療法で元通りの透き通った爪を取り戻しましょう。

爪水虫は時期によって活動に差がある?

今年も梅雨がやってきました。日本の梅雨は

じめじめ、ムシムシして本当に不快ですね。

 

でも、そんな梅雨が大好きなのが爪水虫です。

これからの時期は、爪水虫にとってベストシーズン

なのです。

 

どうして、爪水虫の活動は時期によって違ってくるの

でしょうか。

 

温度と湿度が問題なんです


スポンサーリンク

 

 

爪水虫、つまり白癬菌は一年のうち6月から9月に

一番活発に活動します。

白癬菌は高温多湿が大好物。日本の夏の気候は

爪水虫にとっては願ってもない環境なのです。

 

逆に温度が低下して、乾燥する秋から冬の時期は

白癬菌も冬眠状態に入ります。

冬に水虫が良くなったように思うのはこのためです。

ただし、実際には静かにしているだけです。

 

良くなったように見えても高温多湿の状態になれば

すぐにまた暴れだすのです。

 

じめじめと鬱陶しいこの季節、靴の中の湿度は

大変なことになっています。

うかうかしているうち白癬菌にいいようにやられてしまいます。

 

素足にサンダルなどで風通しよくしたいけれど

変色したり、変形した爪を誰にも見られたくない。

 

それに、そんな足でうろうろしていたら、周りに

うつしてしまうかもしれないし…。

まさに悪循環ですよね。

 

お医者さんの手を借りて爪水虫を退治する

 

f:id:mainichiwakuwaku:20170527013617j:plain

 

白癬菌の活動が活発になるこれからの季節

爪水虫に悩んでいるなら、自分で何とかしようと思わず、

まず病院に行くべきです。

 

爪水虫は、悪化すればするほど治しにくくなります。

一日も早く治すためには、暴れている白癬菌

薬で抑え込むのが早道です。

こじらせてしまう前に病院に行き、治療を始めましょう。

 

爪水虫の治療は粘り強く続けること

 

夏場病院に行って治療を始めると、暑さが落ち着いてきた

ころには症状もだいぶ良くなって来るかと思います。

 

冬になると、白癬菌もおとなしくなりますから

このまま自分で清潔にしていれば、もう爪水虫にならないんじゃ

ないかと通院をやめたくなりますが、そこでやめては元の木阿弥。

 

暑くなってきたら、確実にまた症状は悪化してきます。

爪水虫の治療は、根気よく爪の中から白癬菌がすべて消えるまで

行う必要があります。

 

完全に治ったら、裸足にサンダルで気持ちよく過ごせるように

なるのですから、ここはしっかり頑張っておくべきです。

お医者さんの手を借り、暴れる白癬菌をしっかり封じ込めて

奥深くの白癬菌まで根こそぎ退治してしまいましょう。

 

スポンサーリンク
 

 

爪水虫になったらペディキュアをしたらダメ?

雑誌でサンダルの特集を見たりすると、そのたびに

思い出してがっかりする爪水虫(爪白癬)。

 

軽快に歩きたいけど、サンダルは履けないですよね。

女性にとっては、アクセサリーの一つをなくしたような

破壊力です。

 

ペディキュアで色を乗せちゃえば、人に気づかれないかも!

ごまかしたりするのって…やっぱりダメなんでしょうか。

 

爪水虫にペディキュアを塗れば目立たない?


スポンサーリンク

 

 

それ、ダメなんです!即、やめないと。

 

爪水虫ってそのままだと、分厚い質感で、変色もして

しまっているけれど、ペディキュアを重ね塗りしたら

色でごまかすことができるんじゃない?

 

夜はちゃんと落とすんだから大丈夫。

家にあった水虫薬、ちゃんと塗ってるから大丈夫。

 

たとえ一時的でも、ごまかしておしゃれしたい。

つい、そんな風に思っちゃいますよね。

でも、その気持ちが完治を遠ざけてしまいます。

 

爪水虫は感染症です 患部は刺激せず清潔に

 

f:id:mainichiwakuwaku:20170608123626j:plain

 

爪水虫は、正式には爪白癬といい、爪の中に白癬菌

繁殖して爪をダメにしていく感染症です。

 

最初は爪の一部が白っぽくなっているだけだったのが

症状が進むにしたがって、分厚くなったり、変色したり

最後にはボロボロと崩れてしまったりします。

 

そんな患部に、ペディキュアなどをしてしまうと

さらに悪化する危険があります。

周りが炎症を起こしていたら、しみたり痛みが出る

可能性だってあります。

 

完全に治ったらまた楽しめます

 

おしゃれの幅も狭まってしまいますし、

なにより恥ずかしい。人に見せられない。

おじさんの病気だと思っていたのになんで私が?

 

思わず泣きたくなりますが、大丈夫。

きちんと治療をすれば、またサンダルを履いたり

ペディキュアしたりできるようになります。

治療期間は長い人生の中ではほんの一瞬です。

 

飲み薬の効果は8割ほどと、とても高いですし

塗り薬も効果的の高い新薬が相次いで登場しています。

爪水虫はちゃんと取り組めば完治する病気です。

 

放っておくと、ほかの人にうつしてしまうかも。

皮膚科に通ってしっかり治しましょう。

 

スポンサーリンク
 

 

爪白癬と診断された…自分でできることは?

素足になるたび、お風呂に入るたび、目に入る足の指。

そうかもしれない…と思いながらも先延ばしにしてきた

爪水虫疑惑ですが、暑くなってくると素足の機会も増え

余計に気になります。

 

思い切って皮膚科に行ってみたら、やっぱりそうだった。

爪白癬(爪水虫)と診断されてしまったら。

自分でもできるケアで、一日も早い完治を目指しましょう。

 

爪白癬と診断されたら


スポンサーリンク

 

 

そうかな?と思ってはいてもやっぱり診断されると凹みます。

爪水虫って治らないっていうよね…とがっかりする人も多い

ですよね。でも、時間はかかるものの、きちんと治ります。

 

お医者さんに指示された治療法を忠実に実行することが

完治への第一歩ですが、自分でもケアを頑張りましょう。

相乗効果で、爪の状態も上がってきますから、治療にも

意欲的に取り組むことができます。

 

足湯をしたり、しっかり洗い流す

 

お風呂に入るとき、時間があれば自分専用のたらいなどを

使って足湯をすると良いです。

白癬菌は60℃で死滅すると言われています。60℃は無理でも

熱めのお湯で表面に白癬菌を残さないようにします。

 

f:id:mainichiwakuwaku:20170526025141j:plain

 

その際、ふやけた角質などはきれいに取り除き、足湯のあと

せっけんで洗い、そのあと隅々まで洗い流します。

 

爪の中までは、洗い流すことはできないのですが、足を

きれいにしておくことはとても大事です。

 

お風呂からあがったら、自分専用のタオルで足の水気を

しっかりと取り、きちんと乾燥させます。

塗り薬での治療の場合は、このあとに薬を塗ります。

薬も浸透しやすいですし、効果アップが期待できます。

 

免疫力を上げる

 

処方された薬を、飲んだり塗ったりするのが一番ですが

自分自身の免疫力をあげることも大切です。

白癬菌に限らず、菌は自身の免疫力が落ちているときに

繁殖しやすいものです。

 

白癬菌の住みやすい環境にしないよう、早寝早起き

習慣、栄養のバランスのとれた食生活疲れをためない

など、健康に配慮することで、白癬菌を寄せ付けない

身体にしていきます。

 

適度な運動もとても良いです。

運動の後、しっかりと足を洗い流すのは必須です。

 

こうした地道な努力で、治療もうまくいきますし

治った後の再発も予防することができます。

爪水虫を早く身体から追い出して、心身ともに

健康な自分を取り戻しましょう!

 

スポンサーリンク
 

 

爪水虫の飲み薬は市販されているのでしょうか?

爪水虫(爪白癬)の治療は、飲み薬が主流ですが

爪水虫だということがわかっていれば、買ってきた

飲み薬で完治を目指せるのでは?と思いませんか。

 

以前、水虫って言われたことがあるし、この形状

間違いない!だから、自宅で治せないかな…。

前に病院でもらったのと似たような名前の市販薬を

こっそり買ってきて飲んでみよう。

 

こんなふうに思ったりしたことありませんか?

 

でも、爪水虫は病院に行かないとダメなんです。

 

爪水虫を薬で治療しようと思ったら


スポンサーリンク

 

 

でも爪水虫の飲み薬は、一般のドラッグストアなどでは

販売されていないのです。

 

ですから、爪水虫を飲み薬で治そうと思ったら

病院へ行き、検査で爪水虫(爪白癬)と確定診断を

受けてから処方してもらう必要があります。

 

爪水虫は足の水虫と比べても、爪の形状的にみても

治療が厄介なものですから、根気よく向き合って

いかなければならないものです。

 

f:id:mainichiwakuwaku:20170607063409j:plain

 

白癬菌をしっかり退治するために、薬も強いものを

使うことになりますから、治療については副作用の

様子も気にかけつつ、進めていきます。

 

使う薬によって、治療法も変わってくる

 

爪水虫の治療に使う薬は大きく分けて2つあります。

 

ラミシールは連続して、最低6ヶ月の間、毎日薬を

飲むことになります。

 

肝臓に副作用が出ることがあるため、治療の間は

定期的に検査をし、副作用が出ていないかどうかを

確認しながらの治療になります。

 

イトリゾールによる治療の場合は、パルス療法と

呼ばれる間欠療法で治療することになります。

パルス療法というのは、1週間毎日薬を飲み続けた

後に、3週間休薬期間を設けるというパターンを

3回繰り返すものです。

 

長い期間薬を飲み続けることなく、効果的に治療

できるということで、現在盛んに採用されている

方法です。

 

ただし、常用している薬があると併用できない場合が

あるので、きちんと確認してから治療に入ることが

大事になってきます。

 

こちらの薬も肝臓に影響が出ることがあるため、

投薬が始まってからも定期的に検査をしつつ治療を

進めていく必要があります。

 

薬局等で、気軽に買って飲めないのは残念ですが

副作用等、心配なこともありますので医師の指示に

従って安心して治療を進めていくのが一番ではない

でしょうか。

 

せっかく治そうと決意したのですから、根気よく

治療に取り組んで、一日も早くスッキリしたいですね。

 

スポンサーリンク
 

 

足爪の水虫を完治させるために欠かせないこと

たかが足の爪とはいえ、一度爪水虫(爪白癬)に

なってしまうと気になって仕方ないですよね。

 

爪の水虫は、普通の水虫と違ってかゆかったり

痛かったりジュクジュクしたりというのはないですが

(重症になってしまうと肥厚して痛くなったりしますが)

とにかく見た目が悪いので、おいそれと足を出せません。

 

そんな爪水虫を完治させるのに欠かせないこととは

いったいどんなことでしょうか。

 

爪水虫を完治させるにはまずこれをする


スポンサーリンク

 

 

爪水虫を完治させるためには、同時に足の水虫を

治すのが大事です。

 

爪水虫(爪白癬)になる人は、ほぼ例外なく足の

水虫を持っています。爪水虫だけを発症するという

ことはまずないのです。

 

ですから、爪水虫を治そう!と思ったら、足の

水虫の治療も同時に行う必要があります。

 

爪水虫の治療を始めるときには

 

爪水虫の診断が出たら同時に足に水虫がないかどうかの

確認もしてもらいます。

せっかく爪水虫が治っても、足の水虫が残っていたら

そこから白癬菌が爪に入り、再発することがあるからです。

 

f:id:mainichiwakuwaku:20170606011128j:plain

 

足の水虫もある場合は、足の水虫の治療もしっかり行い

白癬菌を根こそぎやっつけることが大事です。

足に白癬菌が確認されない場合には、殺菌や乾燥などで

再発を防いだ上で、爪水虫の治療に専念します。

 

白癬菌を寄せつけない生活が大事です

 

せっかく爪水虫の治療に入っても、床やマット、

使用しているスリッパなどに白癬菌がついていたら

いつまでたっても爪水虫を卒業することができません。

 

普段から、こまめに掃除、洗濯を行うことで、白癬菌

再び付着するのを防ぎます。

日光消毒も効果があるので、天気の良い日には、使用して

いるマットやスリッパの天日干しをするのも良い方法です。

 

白癬菌は付着してから24時間以内なら繁殖を防ぐことが

できるそうなので、毎日必ず足をきれいに洗って乾燥させる

ことが、爪水虫の治療の助けになります。

 

足の隅々まで丁寧に洗い、石鹸でやさしく汚れを落とします。

石鹸は普通の浴用石鹸で大丈夫です。

洗い終わったら、きれいなタオルで拭いてしっかり乾燥させます。

家族とタオルの共用は避けます。

 

こうした努力で、爪水虫を完治させ、もう二度と悩まされない

毎日を手に入れましょう。

スポンサーリンク
 

 

爪白癬をレーザーで治療したときの効果について

爪水虫(爪白癬)は薬で治療するのが主流です。

でも、持病があったり妊娠中だったりすると

思うように服薬治療ができません。

 

塗り薬も合わないことがあります。

薬で患部が腫れてしまったり、皮がむけたり。

でも何とか爪水虫は治したい。 

 

どこの皮膚科でもできるわけではありませんが

爪水虫には、レーザーを使った治療法もあります。

保険のきく治療法ではないため、実費になりますが

選択肢の一つとして考えられる治療です。

 

爪白癬をレーザーで治療したときの治癒率


スポンサーリンク

 

 

レーザー治療については、完全治癒率が公表されている

わけではないのですが、8割ほどの患者さんに効果

あるとされている治療法です。

 

日本では現在、厚生労働省の認可が下りていませんが

アメリカではFDAアメリカ食品医薬品局)に認可

され、広く実施されています。

 

爪白癬をレーザーで治療する場合のメリット

 

 

レーザー治療のメリットは、患者さんの身体の負担が

少ないことです。

 

f:id:mainichiwakuwaku:20170603175114j:plain

 

レーザー治療は、患部にレーザーを当て白癬菌を殺菌、

蒸散させる治療法ですが、麻酔もいらず照射時間も

数十分で済みます。特に副作用も報告されておらず

安全な治療法といえます。

 

治療頻度も月に1回程度と少ないため、トータルでの

治療期間は長くても、実際に治療に割く時間は短いです。

 

他の治療が、長期間にわたって薬を飲み続ける必要があったり

毎日根気よく薬を塗り続けなければいけないのに比べると、

格段に楽に治療が進められます。

 

治療の効果も高く、ほかの治療に引けを取らないので

条件が合えば、選択を検討するのも良いかと思います。

 

爪白癬をレーザーで治療する場合のデメリット

 

レーザー治療のデメリットは

 

保険のきかない治療であること

治療できる医療機関が限られること

 

があげられます。

 

レーザー治療は保険の適用外なので実費になります。

医療機関によって金額も異なるため、事前に確認する

必要があります。

 

また、レーザー装置を導入しなければならないことから

どこの皮膚科に行っても対応してもらえるわけではあり

ません。

 

それでも、身体の負担の軽さを考えると検討する余地の

ある治療だといえます。

爪白癬の薬が使用できない場合には検討してみてはいかが

でしょうか。

スポンサーリンク
 

 

爪水虫は、皮膚科で診断してもらいましょう

爪水虫(爪白癬)は、主に足の爪(手の爪の場合もあります)に

白癬菌が入り込み、爪をボロボロにしてしまう病気です。

 

爪水虫の疑いがあったら、すぐに病院に行くのが正解なのですが

爪っていったい何科で診てもらえばいいのって迷いませんか?

 

変形してるから、形成外科とか?違うんです。

爪水虫だと思ったら、迷うことなく皮膚科に行きましょう。

 

皮膚科で爪水虫の診察をしてもらう


スポンサーリンク

 

 

まず皮膚科に行き、問診票に症状を記入します。

人間の身体のイラストに〇をつけたり書き込んだりします。

もうこの段階で逃げ出したいですよね。

言いたくないし、書きたくない。

 

でも、皮膚科は爪水虫に限らずさまざまな皮膚の症状で

訪れる人がたくさんいます。

隣にいる人も、ものすごく悩んでいるかもしれません。

 

皮膚科は皮膚トラブル専門ですから先生も看護師さんも

重症でも特に驚きもせず淡々と診てくれます。

いろいろな症状を見慣れていますから気負わなくても

大丈夫なのです。

 

爪水虫の診断が出るまで

 

f:id:mainichiwakuwaku:20170602234638j:plain

 

診察室に入ると次の難関、問診です。自分の口で爪の状態を

説明するのは嫌なものですが、ここは大事なのでしっかりと。

正確な状況を医師に伝えることができれば、その分治癒に近づく

からです。

 

細かい問診が終わると、今度は実際に爪の状態を先生に診て

もらいます。気が重いですが、爪水虫だと思っていたら実は

全然別の病気だったという場合もあるのでしっかり診てもらい

ます。

 

その後、実際に患部の組織を少しとり、顕微鏡で白癬菌がいるか

確認します。白癬菌を確認した時点で爪水虫の診断が確定します。

 

爪水虫と診断されたら

 

爪水虫(爪白癬)と診断されたら、医師と相談して今後の治療方針を

決めていきます。

肝臓の機能に問題がなければ、飲み薬で治療を進めることが多いです。

 

ただ、飲み薬を使用できない場合もあります。身体の状態、既往症、

年齢、妊娠しているかどうか、常用している薬など、きちんと話し

飲み薬を使用するか、塗り薬で治療に入るかを決定します。

 

飲み薬で治療に入る場合は、血液検査や肝臓の検査を行い、薬の

使用が問題ないかどうかを判断します。

 

治療方針が決定したら、あとはもう治すだけです。

医師の指示をきちんと守るのはもちろんですが、治すのはあくまで

自分なのです。

 

どの治療法になるにせよ、ある程度の時間がかかるのは必至なので

完治を目指してしっかり治療していきましょう。

 

スポンサーリンク